メルマガ登録

【営業時間帯について】
営業時間
平日9:00〜17:00
休業日
土日・祝祭日

営業時間外におきましてはお電話でのお問い合わせ対応ができません。
メール・FAXのお返事は翌営業日となります。

2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業日(商品発送もお休みです。)
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日(商品発送もお休みです。)

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇
★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇




トップ > 【苗物】 > 【野菜苗】 > 【葉物野菜】 > 【キャベツの苗】 > マスダ交配 非結球芽キャベツ プチヴェールホワイト(プチベールホワイト) 9cmポット苗2本セット 【9月上旬出荷分予約】

<栽培のポイント>
1、近年の温暖化現象により、わき芽(プチヴェール)のつきが遅れることがあります。
2、下の方のわき芽(プチヴェール)が2〜3cmくらいに肥大してきたら、あらかじめ本葉を下から3分の1〜4分の1程度折り取ってください。日に当 ることで色濃く、冷気に当ることで糖度ののりが良くなります。(わき芽(プチヴェール)を収穫後、順次その上の本葉を折り取って下さい。)
※外葉を一気に取り除くと、株全体の生育が衰えることもありますので、わき芽(プチヴェール)の生長の具合を見ながら作業を行って下さい。
3、わき芽(プチヴェール)の収穫が半分位終わった頃、追肥を行って下さい。

【定植】
畝型/平畝、マルチ使用または、高畝一条植

一条植 : 畝幅80〜100cm、株間70〜75cm
二条千鳥植 : 畝 巾160cm、株間70cm
栽植本数 : 10a当たり1,300〜1,500本

※積雪地帯では基本的にハウス内で栽培して下さい。

ポイント:旺盛に生育した株の場合、最大で葉の先端〜先端(さしわたし)が1m程にもなるので、畝間はなるべく広くすること。狭いと薬剤散布時や収穫時の作業性が悪くなり、日照不足で芽の生育も遅れる場合があるので注意すること。

ポイント:樹の倒伏予防と、根量増加による生育促進の為、株元への土寄せを行う。(おおよそ定植1ヶ月後)


【肥培管理】

元肥として全施肥量の3分の1を施し、初期生育を旺盛にする。残りの3分の2は追肥として3〜4回に分けて与える。追肥は、定植から1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後、収穫期間中を目安に行う。

全施肥量: 10a当たり、窒素30kg、リン25kg、カリ30kg前後。

ポイント:植物体の大きさによって可食部の付く数が違うので、初期生育を大切にする。追肥時にリン酸を施することによって、収穫し易い締まったプチヴェールになる。

ポイント:化成肥料は極力控える。窒素肥料が野菜の甘みを奪い、苦味を作る。有機肥料を使用するとおいしい実ができる。

ポイント:元肥に高度化成等を用いるのは、なるべく避ける。プチヴェールは窒素の吸収力が高いので、生育初期の適度な窒素施用は生育中期以降のわき芽の異常伸長や生長点が二股に分枝する因となるので注意すること。

【防除】

発生する主な害虫は、シンクイムシ、コナガ、アオムシ、ヨトウムシ、タマナギンウワバ、アブラムシなどである。定植直後の幼苗期に大きく食害されると生育 が遅れ、樹高が低くなり、減収の原因ともなるので初期からの適期防除に心掛けること。又、防虫ネットでの被覆も防虫効果が高い。主な病害は、べと病、黒腐 れ病、軟腐病、菌核病などがある。使用できる薬剤は野菜類の登録がある物のみである。発生する前に予防的に適期散布することが望ましい。

【定植後管理】

下葉かき : 初霧が降り初める頃になると樹の生育期(栄養生長期)も終わり、わき芽の生育期(生殖生長期)に変わり、わき芽(プチヴェール)が肥大してきます。樹の最 下部のわき芽の大きさが直径3cm位になったところで本葉を下から上に向かって切除してゆきます。最初は樹高の4分の1程のところまで下から切除し、その 後、生育したわき芽(プチヴェール)を収穫する。そして順次、上部を同じ様に作業していく。

支柱 : 背丈が80cm程に生長する為、支柱を必要に応じて立てる。特に生育初期に必要。

不良品の早期除去 : 幹の下部、地際の可食部の一部に外葉が異常に伸びた不整形な可食部や虫食いができたら、早めに除去し可食部の生長を促す。

ポイント:冬期になり地温が下がると根からの肥料吸収量が低下します。その際に不足する栄養素を補う為に、本葉の養分がわき芽に還流し、肥大させます。従って急激で過大な切除を行うと、わき芽の生育に影響が出ますので注意して下さい。

【収穫】

収穫に適した大きさになった実を、実と実の間に指を入れて斜め下方に折り採るように収穫する。収穫したプチヴェールは葉が開いてい る為、アブラムシなどの害虫や、ほこりなどの異物が入っている場合があるので、水で洗い落とし水切りした後、折り取った茎を、黄変したり虫害で穴のあいた りした葉と共に切除する。その際セラミックナイフを使用すると切断面の黄変を遅らせる効果がある。定量をパッキングし、出荷する。

※メキャベツと同様、親指と人差し指で実を下または横方向に折り取り収穫する。
<家庭菜園をされる方へ>
<栽培注意点>

株の大きさによってわき芽(プチヴェール)の付く数が違いますので、十分な肥培管理を行い初期生育を大切にしてください。

ポイント:背丈80cm・横巾80cm程に生長しますので十分な株間で栽培してください。株間が狭く日照不足になると生育不良を起こす場合があります。

1、有機入の肥料を使用することにより味が変わります。化成肥料は即効性がありますが極力ひかえて下さい(窒素肥料が野菜の甘みを 奪い、苦みを作り出します。)。特に元肥で高度化成(15:15:15くらい)を使用した場合草丈はのびますが、わき芽も早期から異常伸長し収穫不可にな る場合があります。

例)有機質100%プチヴェール専用肥料を施肥した場合。
プチヴェール苗16本当り(標準施肥量)
全量 8kg
元肥 3kg
追肥 残りを3〜4回に分ける
※前作の残留肥料や土壌によりNPK量が異なりますのでご注意下さい。
※施肥量は土壌の状況によって増減して使用して下さい。

2、支柱が必要な場合は必要に応じて立ててください。

3、地際のわき芽(プチヴェール)の一部に外葉が異常にのびた不整形なものや虫食いができたら、早めに除去しわき芽(プチヴェール)の生長を促してください。

4、わき芽(プチヴェール)が4×4cmから5×5cmぐらい(重さ7〜10gくらい)に生長したら、収穫を開始してください。

マスダ交配 非結球芽キャベツ プチヴェールホワイト(プチベールホワイト) 9cmポット苗2本セット 【9月上旬出荷分予約】

商品コード : pfky06092031
価格 : 480円(税込)
ポイント : 4
数量
 

●1回のご注文が10,000円(税込)以上で送料無料となります。 (ただし北海道、沖縄および離島は除きます。(追加配送料:北海道540円、沖縄および離島1,620円))

  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません